読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RB2140AとRB2140Fの比較

レイバンのサングラスウェイファーラーのアジアンフィットはAとFで
どこが変わったのという質問がありました。

RB2140AとRB2140Fですね。

ともにアジア人向けにフレームの傾斜角や鼻の部分を調整してありますが、
AとFで微妙に異なります。

A:アジアンモデル
F:フルフィットモデル

はじめにAが登場し、Fはその改良版です。
Aは既に製造を終了しているため、現在の主流はFということになります。















※レンズカラーは共にG-15XLTです

AとFではいくつかの違いがあります。
ひとつはノーズパット(鼻当て)です。

サングラスを上から見るとFのほうが鼻当ての角度がついていて
よりカタカナのハの字のような形です。

正面から見ると微妙にFのほうが膨らんで見えますね。


ノーズパットの形は横から見るとAがやや膨らみが上にあり、Fは下側が膨らんています。

フレームの角度はAが20度の傾斜角
Fは15度の傾斜角です。









共にアジア向けのフレームですが、お鼻がやや高い方はAモデルのほうが似合うかもしれません。

尚、RB2140A-902は当店では残り一枚のみで、再入荷はありませんのでお早めに。